深刻化する名前の超個性化

最近はキラキラネームDQNネームが深刻化していると言われています。

 

 

なぜこの様なことが起こってきているのでしょうか?ひとつは個性を、唯一無二を考えるあまり人の名前という大前提を忘れてしまっているということが考えられます。

 

 

名前とはひとつの道具であるんです。道具とは誰しも使いやすいほうがいいと思うのは当然ですよね。

 

 

その人を特定し、呼ばれるための手段、文字を書くことで自分のものとわからせるツール、と便利に生活するための道具なのです。

 

 

それを忘れて名前を考えてしまっているご両親が増えているのです。

 

 

その事を忘れで名前をつけたとして、読みづらい、呼び難い、書き難い、覚えずらい、毎回説明しないといけない、と被害をこうむるのは付けられた子供たちです。

 

 

漢字が読みづらいと毎回説明しなければいけませんし、呼びづらければ相手に対して負担です。

 

 

書きづらければ単純に大変ですし、名前の由来が変わっていればいちいち説明しなければいけません。

 

 

そういった負担を子供に与えてしまう結果となるのです。

 

 

なぞなぞやトンチみたいな名前も増えています。そういった名前は子供に付けるべき名前ではありません。

 

 

そういった名前がどうしても付けたいのなら自分が改名すればいいのです。お子さんには名前らしい名前を付けてあげてください。

 

 

深刻化する一番の理由は止める人がいなくなってきているというのが一番だと言われています。

 

 

親戚などの関係が希薄化してちゃんとした意見をくれる人が少なくなってきているのです。

 

 

だいたい同僚、友人くらいの間柄なら、たとえちょっと変な名まえだったとしても関係を壊したくないからと、とりあえず褒めておくといった方が多いのも拍車をかけているのだと思います。

 

 

最後に子供が生まれた両親はマタニティハイという一種の興奮状態になって周りが見えなくなることがあります。

 

 

これはお父さんもなるそうです。

 

 

子供が生まれた一時の興奮で盲目的に決めてしまうんです。これで後悔している両親は多々います。

 

 

これらが複合して名前の超個性化という現象が起きてしまうのです。

 

スポンサードリンク