シワシワネーム

 

画数の多い名前、漫画のキャラクターの名前、外国人によくある名前を無理やり漢字で書いたなどのキラキラネームが話題になって数年。

 

 

そしで現在、逆に古風、昔を思わせる「シワシワネーム」という言葉が日経新聞にとりあげられたことにより、ネット上で注目を集めています。

 

 

キラキラネームに変わる新しい名付けのブームと言えます。新しい言葉ですので、はっきりと定義付けはできませんが、主な意味は二つあります。

 

 

ひとつがキラキラネームがわりと広まったため、目立ちたい、個性を出したいと考える両親が、時代に逆行したような名前にすることで、その欲求を満たすパターン。

 

 

この場合は個性を出すため「武者小路丸」とか「権左衛門」などの派手で、現代の名前としては違和感のある名前になる事も多いです。

 

 

もうひとつがおじいちゃん、おばあちゃんが付けている様な昔ながらの名前のことを指すパターン。

 

 

たとえば下のような名前が挙げられます。

 

 

「シワシワネーム」昭和24年のランキング

 

  (男)(女)
1位 博  幸子
2位 茂  和子
3位 清  洋子
4位 進  節子
5位 実  恵子
6位 修  悦子
7位 明  京子
8位 隆  恵美子
9位 豊  啓子
10位誠  久美子

 

 

上の意味の場合、本質的にはキラキラネームと変わりがありません。目立ちたいとか唯一無二など、根底は一緒だからです。

 

 

本来、普通の名前に対してのキラキラネームの優位性が、キラキラネームが一般化したことにより無くなったと感じた方が、より個性的で目立つシワシワネームの方向に向かったわけです。

 

 

これはキラキラネームと同じで「止めましょう」の一言で終わります。こういった感情は親の満足感を満たすだけです。子供視点で考えなければなりません。

 

 

しかし、問題は下の意味でのシワシワネームです。この意味でのシワシワネームの場合、ちゃんとした理由で命名された場合がほとんどです。ですが、それでも良くない場合があります。

 

 

 

それが、逆に普通の名前が浮いてしまう可能性があるということです。キラキラネームというものが浸透しだしてきたことで生まれた問題と言えます。

 

 

まだまだ、普通の名前の方が圧倒的な主流です。ですが、地域やクラスの親の平均年齢などでも大分変わってくるところですので、もしかすると普通の名前が少数派になることもあります。

 

 

とくに子供は小さなコミュニティーの中で友達を作りますから、少数派になりやすい傾向があります。

 

 

万が一少数派になってしまうと、普通の名前ということが原因でいじめられてしまう場合があるのです。

 

 

その上、シワシワネームと言われる、昔ながらの名前を付けると周りの子供から古臭いと思われてしまう場合があります。マイノリティであることが問題になるわけです。

 

つまり、シワシワネームと呼ばれる、昔ながらの名前はある程度、いじめの元となる危険性をはらんでいるのです。

 

 

今から名前を付けようとしている親御さんは、そういったケースも気をつけて名を付けた方がいいでしょう。

 

 

シワシワネームが悪いわけではありませんが、そういったことも考慮して名前は付けるべきです。

 

 

また、昔ながらの名前は子供にウケが悪い傾向があります。子供は派手で個性的なものを好みますから、誠実で将来を願ってつけた名前の良さを理解出来ない場合もあります。

 

 

なので、お子さんの周りの子供達にも昔ながらの名前はダサく映る可能性があるわけです。周りからダサいと言われれば自分の名前が嫌いになることもありえます。

 

 

これらは大人になれば理解してくれるものですし、ほとんどが小学校低学年くらいで無くなってくるものです。ただ、この年齢の時のイジメは影響力が大きいものなのも事実です。

 

 

今では「子」などを使用した名前を古臭いと感じる人も一定数います。そういったことも考慮して子供の名前を付けましょう。

 

スポンサードリンク