逆DQN・キラキラネーム

名付けはDQN・キラキラネームだけに気をつけていればよいわけではありません。

 

 

最近では逆DQN・キラキラネームという言葉が生まれつつあります。

 

 

逆DQN・キラキラネームという言葉が一般化する事は無いでしょう。DQN・キラキラネームとされる名前が増えていき、一般的な名前が少数になることも絶対にありえません。

 

 

しかし、オーソドックスな「〜子」や一般的な名前がむしろいじめなどの対象になる場合があるのです。

 

 

あまりに古風な名前や一般的すぎる名前は逆に目立つ場合があります。

 

 

例えば「よね」という名前。昔はよくありましたが、今では付ける方はあまり見かけません。ニュアンスとして古い・古風な印象があると思います。

 

 

こういった現象は時代とともに必ず生まれます。「〜子」というのもそうです。子を古いと考える人はごく少数です。

 

 

ですが、そう思っている人が少なからずいるということを忘れないでください。

 

 

逆DQN・キラキラネームと言われてしまった親子の話があります。

 

いわゆる「DQNネーム」や「キラキラネーム」と呼ばれる名前。

 

 

それを付ける親とその親に育てられた子供はキツイ性格の可能性が高く、そういう親はズケズケと「その名前古くね」「あー、逆DQNネームねw」と言ってくるそう。

 

 

そういう人にとって普通の名前は「わざわざ時代の流れに背いて逆に個性を出そうとする感じ?ひねくれ者的な?w」なのだそう・・・。

 

 

子供もそうです。DQN・キラキラネームを付けられた子供は「特別な名前を付けられたあたし凄い」と思っているか、コンプレックスを持っているかどちらかの可能性が高い。

 

 

そうなると、前者の場合、普通の名前という事で馬鹿にされる可能性がありますし、後者の場合、DQN・キラキラネームの自分が馬鹿にされないように普通の名前の方を馬鹿にする方向に持っていくのだそう。

 

 

あらゆる可能性を考えたのなら普通すぎる名前も避けた方がいいのかもしれません。

 

スポンサードリンク