キラキラネームDQNネームをつけた事を後悔する親

キラキラネームDQNネームをつけた事を後悔する親が増えています。

 

 

特に子供に名づけたあとにそのことについての批判がけっこうあることに困惑している方が多いようです。

 

 

子供の名前は幼稚園、小学校となっていくと多くの主婦、子供、と知れ渡る機会が増えます。

 

 

その時にはじめて自分のつけた名前が「変」だとか、「おかしい」ものだということに気づかされるのです。

 

 

世の中にはいろんな人がいます。例え今まで批判されなかったとしても、それはごく一部の中だけの可能性があります。

 

 

現に自分の子供の名前を決める時、どういった名にするか知っている方なんていうのは、親しい知人以下の人では知っているわけがありませんから。

 

 

それが幼稚園、小学校というコミュニティーに属することで自分が付き合ったことのない、例えばヤンキー、お嬢様、オタク系、と様々な意見とはじめて相対することがあるのです。

 

 

その時に、「あなたのお子さんの名前変じゃない?」と言われても後の祭りです。

 

 

両親だけではありません。子供だってそうです。今まで気にもしていなかった名前のことでも小学校、中学校と進むにつれ、「お前の名前変だな」と言われ始めることになることもあります。

 

 

多感な時期にそういった言葉は傷つくものです。名前がコンプレックスになってしまう事だって普通にあるのです。

 

 

ですがそのときになって後悔しても遅く、後悔の念で一杯になってしまう両親が残念ながら増えているのです。

 

 

人の名前はそんなに簡単に変えられるものではありません。ですので仮に名前でいじめにあっているという事を知らされても、やれることは限られています。

 

 

自分の決めた名前でいじめにあったり、内向的になったり、就職に失敗したり、これらを名前を決めた自分のせいだと責めることになります。

 

 

他にも子どもの名前がネットで批判されていた、なんて場合もあります。「ありえない」、「信じられないほどひどい名前」、「こんな名前をつけた親は馬鹿だ・・」

 

 

こんなひどい言葉がある場合もたくさんあります。

 

 

ネットという特性から深く考えないで適当に書いている、軽い気持ちで批判している、ということもあります。

 

 

ですが、直接本人と面と向かって言わない本音や友人、知人などの遠慮する気持ちのない的を得た意見と言う側面もあります。

 

 

なかには自分の息子の名前がネットで批判されていて「涙が出てきてしまいました。子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいです。皆さんに、何か助言をいただければ…と思います」と真剣に悩んでいる方も出てきています 。

 

 

後悔した時ではもう遅いのです。名前を決める場合は後悔のないよう慎重に決める必要があることを覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク