キラキラネームDQNネームにならないためのチェックリスト

漢字で名前にすべきでない漢字を使わない

非常識な漢字は使わない。いい意味でない漢字。画数が異常に多い漢字。普段まったく使わないような漢字。

 

 

まったく読めない漢字・振り仮名にしない

まったく読めない漢字は名前に付ける漢字として適当ではありません。あと漢字とまったくあっていないふり仮名は名前というよりはもはやなぞなぞです。名前として不便です。

 

 

ひねった名前

一三(にとり)春夏冬(あきれす)など。名前でひねる必然性がありません。やりたければ自分の名でしてください。

 

 

性的な言葉

下ネタ関連の隠語は徹底的に避けましょう。例えば「まら」「あなる」「せふれ」など。知らないことも多いので候補の名前は徹底的に調べましょう。

 

 

言いにくい

いい難い言葉は単純に不便です。毎回聞き返されたり子供からしたら不便でなりません。

 

 

おこがましい言葉

「神皇」のように、あまりにも壮大な名前にしない。人の名前には不適切です。

 

 

元から意味のある言葉

心太(はあふ)これは「ところてん」と呼びます。親からすれば「はあふ」でしょうが、他人からすれば心太は「ところてん」です。

 

 

かわいい・かっこいい系の名前

子供は成長していきます。それがどういう風になっていくかは誰にもわかりません。過度な名前は負担になるだけです。

 

 

ヤンキー系

子供には難しい漢字ですので止めましょう。自分で百回ぐらい書いて大変か確かめましょう。子供はそれを生涯で何万回と書いていく事になります。受験・就職にも不利です。

 

 

容姿

「美」「麗」などの漢字や絶対に美人でないと変な名前など容姿を連想させる漢字は使うのを止めましょう。かわいくなるか、ならないかなんてのは誰にもわかりません。名前負けという言葉があるように、名前が負担になってしまいます。

 

 

性別

女性に男性の名前や、男性に女性の名前は言語道断ですが、性別が漢字から読み取り難い名前も避けたほうがいいです。

 

 

性別が決まっていない時から名前を考える人は多いですから、どっちでも使える名前になりがちになります。

 

 

名前とは一種の記号で便利な道具という側面があり、見ただけで性別が区別できるのも名前の便利な特徴なんです。

 

 

冗談にもほどがある

波波波(さんば)など名前は冗談で付けるものではありません。どうしても付けたいのなら自分が改名してください。

 

 

国籍

両親とも日本人なら、日本人らしい読み方にしましょう。特に外国風にするメリットはありませんし、日本人にもわかりにくいだけです。

 

 

趣味

アニメ、ゲームなど、親の趣味を子供の名前に織り込まない。子供が好きになるとは限らない。イジメにあいやすい。

 

 

モノ、食べ物、動物

よく知られたモノ、食べ物、動物などの名前にしない。モノ、食べ物、動物を名前にしても「だから何なんだ?」というのが他人の意見。イジメにもあいやすい。

 

スポンサードリンク