子供は成長し、なおかつ不確定

「かわいい男の子、女の子」をイメージして名前をつけるのは控えましょう。特に子供っぽい名前はダメです。なぜなら子供は成長し、大人になり、老人になるからです。

 

 

長い人生を考えるならむしろ子供時代は短いのです。

 

 

「美」「麗」などはおじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんになった時に本当におかしくないか、を真剣に考えるといいです。

 

 

一番いいのが我が子につけようとしている名前を自分の両親につけると仮定しておかしくないかを考えましょう。

 

 

そもそもかわいい、かっこいい男の子女の子に育ったのならわざわざ名前にかわいい、かっこいいを連想させる名前をつけなくとも、勝手にモテます。

 

 

逆にそうではなく育ったのならお子さんの負担になる可能性があります。こう考えると名前に容姿を連想させる漢字をつけるのにあまりメリットを感じませんね。

 

 

子供っぽい名前は社会人になったときにも明らかに変です。責任の思い役職になったとき、取引先に挨拶に行ったり、こうした時にアニメのキャラクターだと印象はかなり悪くなります。

 

 

太ってしまったり、髪の毛が薄くなってしまったり、こういった事は普通にありえることです。

 

 

仮にそうなったとしてもおかしくない名前をつけるようにしましょう。

 

スポンサードリンク