キラキラネームDQNネームとは

明確な基準はありませんが、ニュアンスを具体化すればこんな感じです。「夜露死苦のような暴走族風の当て字」「漫画・アニメ・ゲームなどのキャラクターの名前」「まったく読めない名前」「食べ物や動物の名前」「女の子なのに男の子の名前、もしくは逆」「性的なニュアンスがある名前」の事を指します。

 

常識的に考えがたい名前を纏めてキラキラネーム・DQNネームと呼ぶと考えていいでしょう。ちなみにキラキラネームはそういった名前を肯定的に捉えた敬称で、DQNネームは批判的に捉えた場合に使うことが多いです。

 

ですがどのような名前がキラキラネーム・DQNネームにあたるのかは主観が占めており、人によってはそうであるかそうでないかが違う場合もあります。そしてこのことが名前についての問題を多くしている側面もあると思います。

 

 

主に、こうした名前の問題は読み方にあるという見方があります。現在の日本の法律では人名に使用できる漢字は制限されており、人に付けるべきでない漢字などは付けられません。ですが、読みについては戸籍に記載されないため、全く規制がありません。

 

このため、突拍子もない読みでも簡単に登録することが可能なのです。 なお、戸籍に読みは登録されていないので、自分の読み方が嫌いな人は名前をどのように変えて読んでも法的には問題ありません。そのため、自分で考えた読み方を名乗る人が増えているそうです。(表記自体は勝手に変えられません)

 

さらに細かくキラキラネーム・DQNネームを定義すると、

 

1 言葉自体に別の意味がある
「心太(しんた)」(ところてん)、愛百足(あどり)(むかで)など、言葉自体に別の意味がある名前。名づけた本人からすれば問題ないが、本来の意味でもちいている一般の人からすれば違和感は拭えません。ちなみに愛百足(あどり)くん の意味は「愛してるって百回言われても足りない」という意味が込められているそう。真剣に付けられたのはわかりますが、他の人からすればただのムカデですからね

 

2 性的ニュアンスが出てしまっている
例えば 「満子(みちこ)」「佐世子(さよこ)」など。どちらも性的なイメージのある読み方(ま○こ、させこ)と読めてしまう。これは両親が気づかずに命名している場合が多いです。第三者に見てもらうなどが必要です

 

3 酷い当て字
「夜露四苦」のように無理矢理に当て字するケース。外国でも通用する名前という考えのもと名づけられたお子さんにもこのケースは多いです。読めない場合は日本人にも通用しない名前になり本末転倒です

 

4 ひねりすぎの名前
金銀(めだる)一三(にとり)未咲(つぼみ)などトンチ的な名前の付け方。読み難い傾向になりがち。その上、漢字本来の意味をないがしろにしている傾向があります

 

5 趣味を押し付けている
光宙(ぴかちゅう)新一(こなん)吹奏楽(すいそうがく)など。名づけている方が好きなのはわかりますが、子供が好きになるとは限りません

 

6 大げさな名前
神王(ぜうす)美神(びしぬ)主人公(ひーろー)など。子供に期待するのはいいのですが、名前に反映すべきことではありません。子供にとってもプレッシャーになります。

 

7 食べ物や動物などの名前
束生夏(ばなな)大熊猫(ぱんだ)煮物(にもの)など。名づけている方が好きなのはわかりますが、子供が好きになるとは限りません。さらに子供の名前を真剣に考えていない非常識な親として見られてしまいます

 

問題点

一番の問題点はこういった名前による悪影響は、つけた者よりも、むしろつけられた者が背負わなければならないということです。

 

例えば、読むのに困難な名前を付けられた人は、毎回名前の説明をしなければならない。笑われる。馬鹿にされるなどの場面が起こります。子供時代なら名前が原因で、心に傷を負ったり、いじめを引き起こしたりする可能性もあります。名前から誤解や偏見、差別を産むこともあります。 受験や就職に不利にもなったりします。

 

これらは一例です。これ以外にも人生において不利になる可能性が沢山あります。

 

スポンサードリンク