キラキラネームDQNネームいじめられやすい名前の特徴

名づけられた名前で生きていくのはお子さんです。 これから先、お子さんがその名前を気に入ってくれるのかはまったくわかりません。そのため、まず前提としなくてはいけないのは「この名前は子供に負担にならないか」を考慮し命名しなければいけないということです。

 

おしゃれで個性的な名前を考えることは良いことですが、それが子供のために良いことなのかは別問題です。懲りすぎてそれが空回らないように気をつけることが大切です。

 

一番需要なのが名前が馬鹿にしやすいかどうかということです。名前は基本的にはオリジナリティを出す場所ではありません。

 

名前のオリジナリティは逆に言えば馬鹿にしやすい部分でもあるのです。オリジナリティがダメだとはいいませんが細心の注意を払う必要があります。

 

上にあるような変すぎな名前はもちろんいじめられる可能性が高いです。タイプ別や一覧のキラキラネームDQNネームに近いような名前は避けたほうが無難です。

 

一番ダメなのが悪口に近い言葉の名前です。両親が意図していなくても悪口に近い言葉になっている場合があります。例えば馬鹿とか、アホとか、う○こと、かです。

 

例えばモカちゃん。これはかわいい名前です。ですが子供たちから「や〜い!!バ〜カ、バ〜カ」といじめられる可能性があります。意外と悪口の種類は多く注意が必要です。

 

固有名詞系、それに発音が近い系もダメです。例えば上にあるモノ・動物系ですね。例えは、納豆君がいたとして、給食で納豆が出るたびにからかわれるでしょう。動物もそうです。動物扱いされてしまう可能性があります

 

これはモノ・動物の名前そのものだけではなく、それに似ている名前もできれば避けましょう。子供はこじつけるものです。

 

 

子供の好奇心や興味のあるものもダメです。有名な漫画やアニメのキャラクターなどです。某ゲームのモンスターなんかも典型的ですね。

 

必ず話題に上がることですから、その都度いじめられることになります。これは有名であればあるほどダメです。

 

ですのでどうしても好きな漫画やアニメに関連した名前を付けたいならマイナーな、そして日本人の名前としておかしくないキャラクターを選びましょう。

 

運動神経・勉強にちなんだ名前もダメです。これも、もしその分野がダメだった場合、イジメやコンプレックスの温床となってしまいます。

 

例えばサッカーや野球にちなんだ名前を付けたとして、サッカーや野球が下手ならかならず馬鹿にされます。

 

思春期ぐらいになってくると性的や容姿を現す名前もダメになります。全ての人間が美男美女になるわけではありません。

 

 

クラスメートに笑われるだけでなく、コンプレックスになったり、ハードルが上がってしまったり、ガッカリされたり、笑われたり、とダメなことばかりです。

 

例え名前どおり美男美女に育ったとしても、だったら名前など関係なくモテます。わざわざ名前で表現する必要はありません。

 

さらに子供時代ならまだよくても30代40代、おじいちゃん、おばあちゃんになった時、かわいすぎたり、かっこよすぎたりすると不自然です。

 

芸能人と同じ、または近い名前も注意が必要です。特にイジラレキャラの芸能人や芸人と同じ名前はそれだけでからかわれる可能性があります。

 

苗字が独特でそういった芸能人を連想させる場合はできるだけ下の名前は遠ざけるよう配慮しましょう。

 

最悪、好きな芸能人の名前をつけたあとでその芸能人が犯罪、チカンなんかした場合には最悪です。できるだけ止めましょう。

 

読み難い、発音しにくい名前もダメです。子供のころは子供たちも漢字をあまり使えません。わかりづらい漢字のお子さんは「難しい漢字の人」とか呼ばれることがあるそうです。

 

他の友達やクラスメートが仲良く下の名前で呼び合っているのに、難しい漢字や発音し難いお子さんは苗字でよそよそしく呼ばれたりします。

 

スポンサードリンク